HOME>注目記事>歯並びが悪いことで悩むより早めの治療がベスト
歯科治療

マウスピースを咥える矯正方法がある

歯並びが悪い人が多かった日本社会ですが、最近では歯の矯正を行う人が増えたおかげで歯並びが綺麗な人が増えて来ています。外国の習慣とは違い八重歯などに対し可愛いなどの評価されたことが、矯正が遅れて来たと言われます。歯並びが悪いことで良いことは一つもなく、虫歯や歯周病にかかりやすくなる上、内臓にも悪い影響を与えることや発音が悪くなるなどの原因にもなってしまいます。特に歯並びが悪いだけで歯が出てしまう出っ歯になってしまった人は、顔立ちにも悪い影響となってしまい、人前にも出たくないと言う心境にもなってしまうことがあります。仲間から揶揄されることで登校拒否と言う事態を引き起こしかねませんので、出来るなら早いうちの矯正が望ましくなります。そんな歯の矯正方法には、インビザラインが適した手段です。

費用は80万円から100万円ほどに

矯正治療で行うインビザラインは、マウスピースを咥えることで歯を移動させることになります。このインビザラインの良さは、透明で矯正していることが気づかれにくいと言うことがあり、接客業などの仕事をしている人などには最適な治療方法と考えられます。また簡単に取り外しが出来ることで歯磨きも綺麗に出来、清潔さを保つことが出来る優れものでもあります。出っ歯の人にも十分な治療が出来るようになっていることから、人気の矯正治療方法になっています。歯の矯正にかかる費用として考えられることは、一般的なフル矯正を行うことで80万円ほどかかることになり、更に極端な出っ歯などになった場合には100万円前後になります。

治療期間は2年間目安になる

インビザラインを使っての矯正は、一日に20時間程度の装着が必要ですが、装置を頻繁に交換することで痛みの少ない治療がメリットにもなっています。しかし簡単に取り外しが出来ることで、ついつい外す時間が長くなってしまう人も出て来ます。そんな場合には予定通りの治療が出来ず、治療期間が長くなってしまいます。出っ歯矯正を含めインビザラインでの矯正期間は2年ほど要することになり、早くても1年半は必要になりますし長い時には2年を越えることも考えられることになります。

広告募集中