矯正中は虫歯に注意

歯科治療

名古屋にある矯正歯科とは一般の歯科とは違い、虫歯治療などを専門に行う歯医者ではありません。そのため矯正中に虫歯が出来てしまった時には、一般の歯医者へ通うことになります。循環器内科に通っていた時に脳卒中を起こしてしまったようなことで、病院を併用する必要が出て来てしまいます。出来るならば矯正治療中は、虫歯にならない努力が必要かも知れません。しかし矯正中の歯は、金属のブラケットを付けていたりして汚れが落ちにくいこともあり、普段より歯磨きを丁寧にする必要が出て来ます。矯正とはガタガタだった歯並びをよくするとか、出っ歯だった歯を正常な歯の位置に戻すなど、噛み合わせが悪いだけでなく見た目に悪かったものを綺麗にすると言った役目を担うことになります。

目立たない矯正治療法も

歯科矯正

歯の矯正で一般的になのが、歯の外側にブラケットと言われる金属の装置を付けて、ワイヤーで引っ張る方法です。最近では目立たないようにするため、金属の代わりに白とか透明と言った装置に切り替える傾向がみられるようになって来ました。また歯の裏側に装置を付けることで矯正を行う方法も取られるようになり、人知れず矯正を望む場合にもいろいろな方法が考えられて来ています。更にはマウスピースを咥えると言う矯正方法にも、人気が出て来ています。自分で取り外しが出来ることから口の中も清潔に保つことが出来る上、他人にも判らないように出来ていることが若い女性の矯正には、うってつけのものとなっています。名古屋にある矯正歯科では、これらいろいろな矯正方法の中から患者さんにとって最良の方法を考え治療にあたるようにしています。

ガムやお菓子に注意を

歯科矯正

名古屋で行う矯正治療中には、ガムとかキャラメルと言った粘着性にある食べ物は避けるようお願いしています。粘着性が強いことで矯正装置についてしまい、メンテナンスが面倒になってしまうことがまま起きてしまうからです。最悪の場合には装置が取れてしまうこともありますので、極力食べないように指導をすることになります。同様にせんべいなどの固いお菓子をたべ、クズとなったものがワイヤーに絡みワイヤーが歪むと言ったことにもなりかねません。そのため食べ物には、十分な注意と配慮が必要になって来ることになり、我慢することも覚えておきましょう。また名古屋で矯正歯科で治療が終わっても、矯正歯科と縁を切ることにはなりません。歯は、元の位置に戻ろうと言う働きをしてきますので、この動きが止まるまでは保定装置を使うことになります。多くは一年未満でこの動きも終わることになり、その後は一般の歯医者さんで健診を受けるようにしましょう。

広告募集中